詳細画面 - 一般社団法人企業福祉・共済総合研究所

詳細タイトル

【お知らせ】健康保険組合 保健事業セミナ−のご案内

保健事業セミナ−は下記の内容で予定しております。

【 保健事業セミナ−の開催予定 】
=================================================================================
行動変容のアプロ−チに基づく保健事業のポイント 〜組合員に自発的な「健康づくり意識」を身につけさせる保健事業を考える〜
=================================================================================
 健康保険組合では、組合員の健康の保持増進を目的として各種保健事業が行なわれています。そうした中、従来の保健事業とは異なり、新たに「行動変容アプローチ」や「健康教育」の考え方を取り入れた保健事業を行う組合が増えています。
 本セミナーでは、そうした組合の事例を紹介し、組合員・母体企業を元気にする保健事業とはどのようなものかについて、グループディスカッションを交えながら講義を行います。 つきましては、健康保険組合の保健事業のご担当者様、組合のマネジメントを行われている役員の方のお申込みをお待ちしております。

【研修カリキュラム】
機ヂ莪貮
1.これまでの保健事業の再確認
これまでの保健事業を振り返り、社員を元気にしているかに着目し、既存事業を見直します。
2.組合員の「自発的な健康づくり意識」につながるために
「1・2・3の法則」など、自発的に自分の健康を考え、健康増進を心がけさせる意識を持たせる方法を考えます。
3.行動変容の基礎理論
行動変容に影響する要因・ステージモデルの考え方など

供ヂ萋麌
4.保健事業の企画立案のポイント
企画立案のポイント解説と、それを受けて自組合に適した保健事業を考えるワークを行います。
5.行動変容を支援するアプローチとは
行動変容を支援するアプローチの基本的な考え方を学びます。
6.行動変容に基づく保健事業の事例紹介
過去に企業・健康保険組合で実施した保健事業の実施例をご紹介します。
7.今後の保健事業で大切にしたいこと
【グループワーク】今後企業・健康保険組合の担当者として、どうありたいか、どんな事業をしたいかをグループワークを交えながら考えていただきます。

「行動変容のアプロ−チに基づく保健事業のポイント」の受講者全員にセミナ−講師 加倉井さおり先生の著書「ちいさなことにクヨクヨしなくなる本」をご進呈致します。

【 行動変容のアプロ−チに基づく保健事業のポイント 開催概要 】
開催日時::2012/05/31(木) 10:00〜16:30
会 場:女性就業支援センタ−(東京・田町)
※お申込の方は、開催日時をクリックしてください。

===============================================================
保健事業イベント企画のポイントセミナ− 〜保健事業の企画を実践的に学ぶ半日研修〜
===============================================================
 本研修は、保健事業の企画にマーケティング的な発想を取り入れ、組合員が参加したくなる事業、また行動変容アプローチの視点から、効果的で満足度の高いウォーキングイベントや、運動教室の企画・実践のポイントを半日で講義致します。 また、本研修はグループワークを入れながらの体験型研修となります。他組合での取組事例を相
互に紹介しながら、よりよい保健事業の企画とは何かということを講師と共に考えていきます。
 時節柄お忙しい中とは存じますが、既存保健事業の見直しをお考えの方、効果・満足度が高い保健事業企画を考えられている方は是非とも本研修をご受講下さい。

【研修カリキュラム】
組合員が参加したくなる事業保健事業とは〜マーケティング発想を取り入れて〜
行動変容アプローチから考える運動教室やウォークイベントの企画
効果と満足度をあげる企画の実際(集客につながるチラシの作成や参加者の募集方法、事業の組み立てなど)
健康ウォーキング事業や運動教室の実践事例の紹介

【 保健事業イベント企画のポイントセミナ− 開催概要 】
開催日時::2012/06/26(火) 13:30〜16:30
会 場:女性就業支援センター(東京・田町)
※お申込の方は、開催日時をクリックしてください。

【 保健事業セミナ−に関するお問い合わせ】
一般社団法人企業福祉・共済総合研究所 
セミナ−運営事務局
TEL.03−5776−1421 
E-mail :master@riebe.or.jp

←前へ戻る↑ページトップへ

常務理事・事務長との情報交換会