詳細画面 - 一般社団法人企業福祉・共済総合研究所

詳細タイトル

8/3健保組合 常務理事・事務長との情報交換会は好評でした

8/3(金)健保組合 常務理事・事務長との情報交換会を開催致しました。
ご多忙な時期に、ご参加頂きまして 誠に有難うございました。
また、遠地からもご参加下さいまして、厚く御礼申し上げます。

現役世代の、高齢者医療制度や介護保険に係わる財源の負担が重くなりつつあります。また雇用の多様化の流れの中で、健康保険の被保険者や被扶養者の受療思考や、保険給付に対する考え方も変化しています。
このような背景の中で、健康保険組合においては、被保険者や被扶養者に対して、日頃からの健康の保持増進への心掛けや、病気やケガの際の適正な受療、保険給付の適正化を促し、財政の健全化を図りながら、保険事業全般の取り組みを展開していくことが必要になってまいります。
そこで今回は、ダイキン工業健康保険組合の吉田尚司事務長をお迎えして、同健康保険組合のデータヘルス計画の取組み状況、ならびに高齢者への健康保持推進による効果についてお話を頂くと共に、ご参加の常務理事ならびに事務長の皆様との情報交換を致しました。
参加者の皆様からは、様々な情報や最新の動向を得ることができ、大変有意義な情報交換会だった、とのご感想を頂きました。
今後も「健保組合 常務理事・事務長との情報交換会」の開催を予定致しております。

←前へ戻る↑ページトップへ

【名古屋】第三者行為求償 基本セミナー